Kusatsu Higashi HS

校長挨拶

「文武両道で明日をつかむ!」

令和5年度 校長 平井 忠美

 草津東高校は、普通科と県内唯一の体育科を併設する学校であり、『誠実・自主・創造』を校訓とし、「強い意志とたくましい実践力を持つ、誠実で心身ともに健康な人間の育成」、「自主・自立と協調・奉仕の精神を持つ、心豊かな人間の育成」、「創造性に富み、広い視野を持つ、知性豊かな人間の育成」を目指し、日々の教育活動を展開しています。
 我々を取り巻く現代社会は、数多くの世界的な課題に直面しています。国連では、それらの課題を整理し、SDGsとして2030年までに課題の解決を目指し、17の目標が立てられました。私たちには、様々な社会の課題とSDGsとのつながりを知り、「持続可能な世界を築くためには、我々は何をするべきか。また、将来自分はどのように目標達成に貢献できるだろうか。」を考え、行動することが求められています。
 本校では、SDGsの視点を教育活動に取り入れ、龍谷大学を始めとする大学との連携、企業との連携、地域との交流などを積極的に行っています。生徒の皆さんには、それらの取り組みを通して、課題の解決に向けて多様な人々と協働し、主体的に行動できる資質と素養を備えた地球市民(グローバルシチズン)に育ってほしいと願っています。
 学校の最上位の目的は、「社会で生きていく力をつけてもらうこと」です。自分で考え、判断し、行動できる『自律』と、多様な考え方や特性を認め、他者を『尊重』する資質を養ってもらいたいと思います。



“SDGs”(Sustainable Development Goals)は、持続可能な社会の実現に向け て、2015年9月に国連サミットにおいて策定された、2030年までの国際社会全体 の17の開発目標です。「誰一人取り残さない」社会の実現をめざし、経済・社会・ 環境をめぐる広範な課題に統合的に取り組むことを目標としています。